お役立ちサイト、It's My Cup of Teaへようこそ。My Cup of Tea(マイカップオブティー)とは、「自分好み」や「お気に入り」を示す言葉です。紅茶好きなイギリス人らしい言いまわしですね。
このサイトでは、日々の暮らしを快適にし、健やかな子どもが育つようにするためのグッズや知恵をご紹介しています。 お気に入りのお茶でも召し上がりながら、ごゆっくりとご覧ください。


information

いよいよ本格的な冬到来。我が家では、原発事故以来節電を続けています。

いくら原油が安くなっても、地球に優しい生活を!

部屋の設定温度が低いなら、防寒着の他、あたたかい食べ物や飲み物、栄養をとることで、寒さに負けないようにしたいものですね。


2年前に購入した足温器&アンダーシェラフのセットで節電しつつ温かく快適に、お気に入りのBGMを聴きながらネットサーフィン。至福の時間です!

食べ物でも体を温めましょう。大量の温野菜を常備するお手軽な方法は、こちらをどうぞ!

new articles

バリでバカンス:1日目

カフェめし・デパート

旅先で重要小物をスマートに管理

トラベルオーガナイザー

「エンゲル係数」ならぬ「トラベル係数」が異常に高い我が家。息子など10歳にして9回の海外渡航歴ありです。

さて、出入国時など、最近はバッグから取り出して、別にトレイに入れなくてはならない物が増えていますよね。

子どものパスポートなどを自分で管理させるのは恐いので、他の家族の分の荷物を取り出したり戻したりする機会も多くなります。

家族の分のパスポート、航空券、出入国カード、ビザなどを安全でスマートに管理できるグッズを探していたところカード会社のポイントプレゼントとして掲載されているのを見て一目ぼれ!

     

雨の日の自転車移動を快適に!

東レ エントラント レインコート

雨の日の通勤、通学は憂鬱です。なんとか、自分の洋服や荷物をあまり濡らさずに移動したいもの。

高校の頃、自転車通学だった私。雨の日は傘をさして通学していましたが、風が強い場合は傘がおちょこになったり、雨が横殴りに叩きつけたりして、結局スカートはずぶ濡れ。

プリーツが消えてしまい、着席前にプリーツをきっちり合わせてから座ることで、「寝押し」ならぬ「座り押し」をしていたこともありました。勿論、濡れたスカートで座る不快さは「推して知るべし」です。

社会人になってからは、暴風雨の日はパンツスタイルにし、服の上に、上下に分かれたレインウェアを着て自転車で駅へ。電車に乗り込む前にレインウェアを脱ぐのですが、上はともかく、下がかなり面倒でした。

最近はスカートを履いて自転車に乗ることが増えたので、以前からずっと欲しかった強力撥水レインコートを、ついにゲットしました。雨の予報を見ると、いそいそと取り出して装備しています。

     

不気味さとスリルがあいまった不朽の名作

宝島

ツバメ号とアマゾン号」を読んで久々に読みたくなった「宝島」。実は1年ほど前、この血沸き肉躍る冒険譚なら子どもが自分で読むことができるだろうと思い、与えてみたのです。でも宝島への航海に乗り出すまでの前座の部分が思いの外長く、息子は「面白くない」と挫折してしまったのでした。

今回読み聞かせを開始してみたところ、やはり最初はあまり熱心に聞いてくれませんでした。私自身も前座がこんなに長かったという記憶はなかったので、重要な導入部ではあるものの、やはりあまり楽しめる部分ではないようです。

でもいざ海に乗り出せばこっちのもの。反乱を目論む水夫たちが示す不吉な兆候、海賊の迷信、死してなお影響を与え続けるフリント船長の恐ろしさに釘づけです。(「ツバメ号とアマゾン号」に登場するフリント船長は楽しく” piece of eight”と叫んでいましたが)今回も毎晩楽しみに読み進み、「今日はここまで」ととめるとブーイングが。

宝島 (岩波少年文庫)

R.L.スティーヴンスン 岩波書店 2000-10-18
売り上げランキング : 39868
by ヨメレバ

     

あふれる想像力の玉手箱

ムギと王さま

小学生の頃、私が将来なりたいと思っていた職業は「作家」でした。本が大好きで、本ばかり読んでいた私。心配した母が「外で友達と遊びなさい」と追い立てたにも関わらず、こっそり玄関先で本を読んでいて、また怒られた、なんてこともあったっけ。

まあ、実際にお話を作って書いたりしていたのは小中学生までで、以降はそういう気になったことはないのですが。そんな私は、エリナー・ファージョンの作品を読むと「”作家になりたい”などと言って申し訳ございません!」という気持ちになります。

ムギと王さま (ファージョン作品集 3)

エリナー・ファージョン 岩波書店 1971-09-08
売り上げランキング : 286170
by ヨメレバ

     

熱狂的なファンの多さもうなずける

ツバメ号とアマゾン号

小学生の頃、学校の図書館にたくさん並んでいたこの本。仮に実際には読んだことがなくても、幅3cmのグレー地で青いヨットが1艇書かれた背表紙がずらりと並んでいた光景を覚えている方は、結構いらっしゃるかも知れません。

私の場合、この本を図書館の棚から取り出して眺めたことはあります。でもそこにはやはりグレー地にヨット。面白みが感じられないし、ヨットにも興味が無かったので、ついに読むことはありませんでした。

ツバメ号とアマゾン号 (アーサー・ランサム全集 (1))

アーサー・ランサム 岩波書店 1967-06-19
売り上げランキング : 303398
by ヨメレバ

     

長女というものの宿命

まどのそとのそのまたむこう

今回は、先日お約束したとおり、センダックのこの本をご紹介しましょう。
まず、この本の、聖画のように美しいタッチに魅かれます。「まよなかのだいどころ」とは全く異なる画風。

主人公アイダが、幼いながらも感じる「姉としての責任感」に、同じく長女である私は、子どもの頃の自分を思い出し、懐かしさといじらしさを感じます。

まどのそとのそのまたむこう (世界傑作絵本シリーズ)

モーリス センダック 福音館書店 2006-03
売り上げランキング : 418073
by ヨメレバ

     

寒い冬を賢く乗り切ろう

足元暖房器で頭寒足熱

先日は首都圏でも雪が降って、ものすごい冷え込みようでした。暖房器具を増やした方も多いかも知れません。効率よく温まろうと思ったら、やはり足元を温めるべきです。「頭寒足熱」だと頭もよく働きますしね。

でもホットカーペットは電気代が高いですよね。我が家には「コタツ」もあるのですが、私は床に座る生活が苦手なのです。
そんな「椅子派」にお薦めなのが、「足温器」です。

     

子どもの心を解放する

まよなかのだいどころ

今回も、私のバイブル「季刊 子どもと本」でお薦めとされた本からのご紹介です。

モーリス・センダックは色々なタッチの絵を描くことができますが、この本はコマ割りもあって、まさに漫画的。絵に対する注文が厳しい「季刊 子どもと本」がどうしてお薦めしているのか、少々不思議でした。

でも、実際に読み聞かせをしてみると、確かに子ども達にとても人気があるのです。

まよなかのだいどころ

モーリス・センダック 冨山房 1982-09-20
売り上げランキング : 105319
by ヨメレバ

     

寒さに負けないよう温野菜をたっぷり摂ろう

圧力鍋でお手軽常備菜

「野菜を摂る」というとすぐに思いつくのはサラダを食べること。

でも生野菜はなかなか量を摂りにくい。それに、サラダ定番のレタス、トマト、きゅうりは体を冷やします。やはり冬野菜を煮物にして摂るのが一番かな、と思いますよね。

実は我が家では、野菜をたくさん摂りたいときは、具だくさんラーメンや味噌汁が登場します。その都度調理してもよいですが、次のように準備しておくと、お手軽で便利ですよ。

     

ブックオフオンライン

ページトップへ ▲