国民よ、多読に励もう!

多読王国

「読書メーター」で味をしめた、読了ページのグラフ表示。
こちらでは洋書について、ページ数でなくワード数をグラフで表示できます。そこで日本語の本は「読書メーター」、英語の本は「多読王国」を使うことにしています。
     

ボク今何ページ?

読書メーター

本を読んでもらうのは大好きで、「テレビ的でないので、ファンタジーをたっぷり楽しんできた子でないと楽しめない」とされる、ファージョンやエイキンも楽しめる息子。なのに長らく自分で本を読むのが嫌いで、「(本好きな)私達の子どもとは思えない!」と夫婦で言い合っていたほど。
     

ブックオフオンライン

ページトップへ ▲