秋深し 秋刀魚と一緒に鬼おろし!

鬼おろし(竹製大根おろし)

秋といえば秋刀魚。秋刀魚といえば大根おろし!

こう聞いて思い出すのは大学時代の合宿中に見たテレビです。「発ガン性物質を生む食い合わせ」の中に「秋刀魚と大根おろし」が! 

折しも、合宿所で出された秋刀魚を食べていた私達。先輩が一言「秋刀魚と一緒に大根おろしを食べられないなら、ガンになったほうがマシだ!」と。

     

リンゴ1個で医者要らず

簡単アップルパイ

秋から冬にかけて、わが家でもっとも多く購入する果物はリンゴです。

(冬の果物といえばミカンですが、私が好きなのは初冬までの小粒ミカン。年を越して大きくなり、皮がブカブカしたミカンばかりになってしまうと、もう私にとってミカンの季節は終了なのです。)

リンゴが余ったとき私が作るのはアップルフィリング。ちょっと古くなってスカスカになったリンゴも、煮てしまえば、ヨーグルトと和えたり、アップルパイに入れておいしく食べられます。

圧力鍋を使えば簡単にできますよ。

     

卵はいつも自分好みのゆで加減で食べたい!

電子レンジゆで卵器

今回は、ゆで卵に関する”It’s My Cup of Tea”(自分好み)を極めるお話です。
私の場合、ゆで卵に関しては基本的にハードボイルド(固ゆで)派です。でも、うっかりすると、卵を切ってみたら黄身が半熟だったり、逆に黄身の周りに青味が出るほどの固ゆでで、食感が落ちてしまったり…

「お鍋に水を張って卵を入れ、沸騰してから12分」を毎回きっちり測れればよいのだけれど、「いつの間にか沸騰してたっ!」ということが多い私です。沸騰までつきっきりで見ているわけにもいかないし、かといって、沸騰しきったところで卵を鍋に入れるというのも、殻が割れてぶざまなゆで卵になるリスクがあって、悩ましい。

by カエレバ

     

ブックオフオンライン

ページトップへ ▲